「LED ディアボロ シャーベット」販売開始。

1_12009

適度なサイズで扱いやすいディアボロ 「シャーベット」のLED搭載モデルが販売開始した。

高密度のPE素材で作られた極めて摩擦の少ないカップ素材と、外周部に厚みを増したリムウェイト形状が特徴。

外側に寄った重量配分とすることで、回転がかかりやすく、回転持続が長く、安定性が高い設計となっている。

アクセル(軸)は固定軸とベアリング軸の2種類。ファイバーグラス製のスティックが付属する。

 

適度なサイズで扱いやすく、初心者から上級者まで幅広く対応する高性能ディアボロ。

2_12009.jpg

直径127mm、重さ280gと適度なサイズで扱い安く、回転持続力や安定性も高いため、初心者から上級者まで幅広く対応する。

また、高密度のPE素材で作られたカップは摩擦抵抗が極めて少なく、ストリングの接触やスティックでの傾き調整による回転の減速を最小限に抑える。

 

外周部は厚みを増したリムウェイト形状。回転がかかりやすく、歪みやブレの少ない安定した回転が持続。

3_12009.jpg

外周部は厚みを増したリムウェイト形状となっており、外側に寄った重量配分とすることで、回転がかかりやすく、回転持続が長く、安定性が高い設計となっている。

また、厚みのある外周部は変形のしにくさにも一役買っており、強い力をかけてもほとんど変形せず、回転時の歪みやブレも少ない。

 

緩やかな傾斜のインナー。複雑な軌道を描く技でも傾きにくい。

4_12009.jpg

カップとアクセル(軸)を滑らかにつなぐインナーはやや緩やかな傾斜となっており、使用中のストリングとの不要な接触を防ぐことで、複雑な軌道を描く技でも傾きにくくなっている。

 

アクセル(軸)は固定軸とベアリング軸の2種類。

5_12009.jpg

左:固定軸 / 右:ベアリング軸

アクセル(軸)は一般的な固定軸と、ベアリングが内蔵されたベアリング軸の2種類。

ベアリング軸には一方向にのみ回転がかかる特殊なベアリングが内蔵されており、固定軸に比べて長時間の回転が持続する。なお、一部ベアリング軸ではできない技があるので注意。

 

ファイバーグラス製のスティックが付属。

6_12009.jpg

ディアボロ本体に加え、ファイバーグラス製のスティックが付属する。

 

発光パターンは自動切り替え。点灯モードは「常時点灯」と「自動点灯」の2種類。

7_12009.jpg

8_12009.jpg

LEDライトが色鮮やかに発光することで、回転や軌道を美しく描く。また、発光色は自動で切り替わり、幻想的な雰囲気を演出する。

点灯モードは「常時点灯」と「自動点灯」の2種類を切り替えられる。「自動点灯」では、強い回転がかかると点灯を始め、回転が弱まると自動で消灯する。

9_12009.jpg

スイッチを左右に動かして点灯モードを切り替え

 

ボタン電池で動作。電池交換にはプラスドライバーが必要。

LEDライトはボタン電池で動作する。電池交換の際は、プラスドライバーを使用して分解する必要がある。

10_12009.jpg

 

仕様

・直径:127mm
・高さ:147mm
・重さ:280g
・ファイバーグラス製スティックが付属

 

ショップで見る

vietuos編集長、神戸市在住のディアボリスト。2014年に当メディアを立ち上げ。

おすすめ記事