リング形状の道具専門の練習会「輪っ会」の第1回が、大阪で開催

リングやフープなど、リング形状の道具プレーヤーが集まる練習会「輪っ会」。その第1回目が、2015年9月23日(水・祝)に大阪市立 市民交流センターよどがわ にて開催される。

輪っ会では、1組5分程度までの演技発表会が企画されている。

道具は輪っか状の物を使えばOKで、「ボール+リング」などの組み合わせもOKとのこと。

この発表会は、リング初心者に多くの演技を見れる機会を設けたいとの思いから企画されたもの。

採点は行われないため、初心者の方もぜひ参加してほしいという。

また土足厳禁のため、必要であれば体育館シューズなどの持参が求められている

「リング ジャグリング」とはその名の通り、輪っか形状の道具を用いたジャグリングのこと。

投げるだけではなく、指で回したり身体上を転がしたりと、様々な使い方がある。

直径は種類によって大小様々なサイズがあるが、薄さは数ミリ程度と薄いものが多く、ボールなどに比べて空中で道具がぶつかりにくい半面、風の影響を受けやすいという弱点もある。

 

▼リングを用いた演技

また、8の字状の形をしたリングや、複数のリングが重なったような特殊な形状のリングを用い、錯視を利用して空中に浮いているかのように見せるといった使い方もある。

▼エイトリング

 

▼エイトリングを用いた演技

▼トリプルリング

 

▼トリプルリングを用いた演技(2:25から)

そのほか、「フープ」というリングよりも細い形状をした道具も存在する。

 

▼フープを用いた演技

また、世間一般的な「フラフープ」も、演技として昇華すると以下のようなことができる。


アクセス

大阪市 淀川区 加島 1−58−8

JR東西線「加島駅」1番出口より東へ徒歩10分


関連リンク

大阪市立 市民交流センターよどがわ


ツイッターアカウント


関連記事