台詞を交えて展開されるジャグリングの演劇。ジャグリング・ユニット・フラトレスの旗揚げ公演が大阪で開催。

スクリーンショット 2014-11-08 19.54.02

2014年12月20日(土)と12月21日(日)の両日、ジャグリング・ユニット・フラトレスの旗揚げ公演となる『プラネタリウムと望遠鏡』が大阪で開催される。

作曲家アルヴォ・ペルトの室内用アンサブル曲“フラトレス”を由来とするジャグリング・ユニット・フラトレス。「劇場などの室内空間にて、ジャグリングを中心として演劇やその他の舞台芸術とのアンサンブルを行う」との思いが込められているという。

近年のジャグリングでの舞台は、言葉を使わないものが増えている。それは言葉を使うジャグリングに「大道芸という、舞台からかけ離れたイメージ」があるからではないか。

本公演ではその答えの一つとして、言葉すらも音の流れ(音楽)として使う「ジャグリングと演劇のアンサンブル」をお届けするとのこと。

出演者はいずれもジャグリングを中心に様々な大会や舞台で活躍する面々が揃えられている。「台詞を交えて展開されるジャグリングの演劇」という新たな切り口で、どのような舞台が作り上げられるのかに期待したい。


公演概要

日時:
・12月20日(土)

開場17:30 開演18:00

・12月21日(日)

1回目 開場13:30 開演14:00

2回目 開場17:30 開演18:00

 

会場:
大阪市立芸術創造館

〒535-0003 大阪市旭区中宮1-11-14

 

料金:
前売 1,800円
当日 2,000円


関連記事

言葉のあるジャグリング舞台、「ジャグリング・ユニット・フラトレス」が結成。


関連リンク

ジャグリング・ユニット・フラトレス
※ 新サイト・2015年9月15日追記

ジャグリング・ユニット・フラトレス プラネタリウムと望遠鏡

大阪市立芸術創造館

 

おすすめ記事