やりたいことをほのぼのと・・・。「劇団hono-vonoeno」第一回公演『ジャグリングに、卒業はない』3月3日、下北沢にて開催。

2019年3月3日(日)ハーフムーンホール下北沢にて、劇団hono-vonoeno(ほのぼのーの)の第一回公演『ジャグリングに、卒業はない』が開催される。

 



 

「社会に出てからもジャグリングを続けられる場を…」社会人・準社会人によって、やりたい演技をほのぼのと。

「社会に出てからもジャグリングを続けられる場を…」そんなコンセプトで立ち上げられた劇団hono-vonoeno(ほのぼのーの)。

学園祭に出演することが難しくなった社会人・準社会人によって結成され、公演では各々がやりたい演技をほのぼのと行うという。

なお、「劇団」を名乗ってはいるが、演劇は行われないとのこと。

 



 

プロモーションビデオ

 



 

座席は40席程度、予約優先。立ち見も可能。

確実に用意される座席は40席程度。立ち見も可能ではあるが、予約者から優先的に案内される。

 



 

入場料

無料(カンパ制)

 



 

アクセス

ハーフムーンホール – 下北沢
〒155-0031 東京都世田谷区北沢4-10-4

・小田急線「下北沢」駅または「東北沢」駅より徒歩6〜8分

・京王井の頭線「下北沢」駅より徒歩8分

 



 

関連リンク

劇団hono-vonoeno

ハーフムーンホール – 下北沢

 



 

おすすめ記事