「JJF 2019」、ワークショップ講師の募集を8月23日から開始。

2019年10月12日(土)~14日(月・祝)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて開催される「JJF 2019(ジャパン ジャグリング フェスティバル 2019)」。

その中で実施されるワークショップ講師の募集が、8月23日(金)〜9月1日(日)の期間で行われる。

 



 

誰でも開けるジャグリングの講座。講師資格は「JJF2019の参加パスを所持していること」。

ワークショップとは、ジャグリングに関する知識や技術を教わることができる講座のこと。JJF参加者であれば、誰でも講師として教えることができる。受講も無料。

あなたも講師をしてみませんか?

「初心者の方にジャグリングの楽しさを伝えよう」、「ちょっと他人に技を教えてあげてもいいかな」という方、 ぜひワークショップの講師をしてみませんか?

JJF2019では、ワークショップ講師のボランティアをしてくださる方を募集いたします。講師のレベルや開講する講座のレベルは問いません。(※ただし、講師はJJF参加パス購入者に限ります。ご了承ください。)

JJF2019 in Tokyo

ワークショップ担当より

過去のJJFでは、技や演技に関するワークショップはもちろん、普段馴染みの少ない道具の入門講座、 ジャグリングイベントに関する報告会などなど、幅広い内容のワークショップが開催されてきました。

今年のJJFも、より幅広い内容のワークショップを歓迎します。講師を務めてくださる皆様のご協力が必要です。

過去に講師を務めてくださった方も、今回新たに講師をやってみようという方も、どうぞお気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします。

JJF2019 in Tokyo

講師となる資格はJJF2019の「全日参加パス」を購入していること。詳細は下記の関連記事にて。

 



 

関連記事

 



 

おすすめ記事