「JJF 2019」チャンピオンシップチケット、8月24日より第2期販売が開始。

2019年10月12日(土)~14日(月・祝)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて開催される「JJF 2019(ジャパン ジャグリング フェスティバル 2019)」。

その1日目に実施される、日本一のジャグリングパフォーマンスを決める大会「チャンピオンシップ」の観覧チケットの第2期販売が、8月24日(土)12:00より開始される。

 



 

定員は700名、第1期販売は完売。別会場でのパブリックビューイングチケットも販売中。

チャンピオンシップ会場となる大ホールの定員は700名で全席指定。第1期販売分は完売となった。なお、別会場の小ホールで実施されるパブリックビューイングのチケットも販売されている。席数は280席。

 



 

JJFの参加には別途、「全日参加パス」が必要。

第2期販売されるのは「チャンピオンシップ観覧券」であり、チャンピオンシップの観覧のみができるチケットなので要注意。

JJFに参加するには「全日参加パス」が必要であり、逆に「全日参加パス」だけではチャンピオンシップは観覧できず、別途「チャンピオンシップ観覧券」または「チャンピオンシップ パブリックビューイングチケット」が必要になる。

チケットのシステムおよび価格については、下記の関連記事にて。

 



 

チャンピオンシップの開場・開演時刻を変更。

チャンピオンシップの開場・開演時刻について、当初の案内から変更されているので要注意。

 



 

関連記事

 



 

おすすめ記事