「第二回 e-Juggling Competition」、6月20日(土)YouTube Liveにて開催。

2020年6月20日(土)YouTube Liveにて、「第二回 e-Juggling Competition」が開催される。

今回はワールド・ジャグリング・デー(WJD)期間での開催となり、WJDのコンセプトである「同じ日にジャグリングの楽しさを共有する」という目的の下、「WJD 2020」との協力で運営・実施される。

 

新型コロナウイルスの影響下で演技の発表、審査、観賞の機会を設ける、インターネット上の大会。

「e-Juggling Competition」は、新型コロナウイルス流行による多くのイベントの中止を受けて設立された、インターネット上でのジャグリング大会。

新型コロナウイルスの影響下でも演技の発表、審査、観賞の機会を設けることをコンセプトとし、2020年2月に設立、3月21日には第一回大会が開催された。

 

エントリーは3時間半で満枠。動画提出は6月13日(土)まで。

大会では「ジュニア部門(20名)」、「シニア部門(20名)」、「エキシビジョン部門(5組)」の部門が実施される。

当初、エントリー期間は5月16日〜23日までの1週間が設けられていたが、受付開始後、およそ3時間半でエントリー枠が全て埋まる盛況ぶりとなった。

当日までのスケジュール

エントリー期間:2020年5月16日~同年5月23日
動画提出期間:2020年5月25日~同年6月13日

e-Juggling Competition – WJD in OSAKA

 

前回の様子

 

CMを募集中

大会の放送中に放送する動画CMを募集している。CMを放送する場合は、若干の協賛金をお願いするとのこと。

▼ 前回放送された動画CM

 

関連リンク

e-Juggling Competition – WJD in OSAKA

 

関連記事

vietuos編集長、神戸市在住のディアボリスト。2014年に当メディアを立ち上げ。

おすすめ記事