「WJD 2020」6月20〜21日、オンラインで開催。

2020年6月20日(土)〜21日(日)、オンラインで「ワールド・ジャグリング・デー(WJD)2020」が開催される。

ワールド・ジャグリング・デー(WJD)とは、「International Jugglers’ Association(国際ジャグラー協会)」というアメリカの組織によって定められた、「世界中のみんなで一斉にジャグリングをしよう!」というイベント。

例年、国内でも各地で「WJD」が開催されているが、2020年は新型コロナウイルスによるイベント自粛のため、オンラインでの開催となる。

 

様々なオンラインツールを用いてイベントを進行。

オンライン開催となる「WJD 2020」では、数種類のオンラインツールを用いてイベントが進行される。

Twitterを中心会場として、より細かな交流は「Discord」、ワークショップや座談会では「Zoom」、観覧できるイベントは「YouTube Live」を活用するとのこと。

 

「e-Juggling Competition」に協賛。運営・実施を協力。

6月20日(土)にはYouTube Liveにて「第二回 e-Juggling Competition」を実施する。

新型コロナウイルスの影響下でも演技の発表、審査、観賞の機会を設けることをコンセプトに設立された「e-Juggling Competition」の第二回は、WJDのコンセプトである「同じ日にジャグリングの楽しさを共有する」という目的の下、「WJD in OSAKA 2020」との協力で運営・実施される。

 

グッズを販売中。売り上げはイベントの運営費に使用。

本来、「WJD」の運営費は参加者の協力(カンパ)によって成り立っていたが、オンライン開催となる今回はグッズ販売の形で運営費を募る形となった。

売り上げはイベント運営に必要な機材購入やサービス利用料に使用するとのこと。

 

関連リンク

WJD in OSAKA – 〜 World Juggling Day 〜

 

関連記事

vietuos編集長、神戸市在住のディアボリスト。2014年に当メディアを立ち上げ。

おすすめ記事